ないものねだいありー

そろそろ若手ではなくなってきた、20代後半社会人の内なる思考をこぼしていきます。読書メモ多め。グロービスMBA修了。

6/2 人を惹きつける「間」

今日は仕事でお客さん向けのイベントに参加。

職場や製品について案内する機会で、自分も色々と話をさせてもらったが、やはりその道でずっと生きてきている先輩はすごい。話の仕方や一つの動作で聴衆を惹きつける力を持っている。

 

その違いは一言でいうと「間」なんだと思う。

言葉の間、動作の間。単語をわかりやすく区切って話す、身振り手振りを丁寧にわかりやすくやる。

それに加えて、気持ちの間、と言えばいいのか、そんなものも感じた。会話の中で、相手のテンポから少しだけ間をおいて話す。寄り添った接客をしつつも、少しだけ距離感は残しておく。こんなことをすると、相手に「お?」「なんか気にならるなこの人」と、そんな気持ちになるのかな、と思った。一種の「不思議ちゃん」要素なのかもしれない(その人は不思議ちゃんではないけど。独特さを生む要素、と言えばいいのか)

 

少しでも意識して取り入れたい、言葉と動作と気持ちの間。

そんなことを考えた一日でした。