ないものねだいありー

そろそろ若手ではなくなってきた、20代後半社会人の内なる思考をこぼしていきます。読書メモ多め。グロービスMBA修了。

4/18 自分が何者になりたいかを考えるときには、自分が持っているものを見つめなおしたほうが良いという話

最近色々な仕事に追われていて、思考を整理する余裕がなかった。

いや、正確には余裕は作ろうと思えば作れたのだけど、その気持ちになれなかったということが正しいか。

「嫌われる勇気」(まだ読み始めたばっかりだけど)に書かれている、目的論的に言えば、追われている状態を欲しているということなのかもしれない。うーん、そうな気がする。

これをどう切り替えるべきかは、もうちょと読み進めてみよう。

 

さておき。

先月の記事で35歳をマイルストンにしよう、それまでに意思決定をしよう、と書いたからか、最近「自分はどういう人間になりたいか」ということをよく考えるようになった。

ぶっちゃけ記事を書いたことは忘れていたけど、それを考えているということは、深層的に覚えていたということだな。ブログの意味があったということだ。

 

で、どういう人間っていうのはいろいろな視点から定義をすることができると思うのだけど、視点の一つに「どんなスキルセットを持った人間か」というのがあると思う。

例えばマーケティングブランディング、戦略論、データサイエンス、などなど。要は、自分は何をもって人との差別化を図るのか、ということだ。

この点について、新しい人が入ってきたり、色々と仕事でフェーズの変化があったりしたからか、最近よく考えている。

 

自分はよくも悪くもジェネラリストタイプなので、割と何でもできてしまうタイプ。

逆に言うと、そこまで専門性を突き詰めるタイプではないので、何かでとびぬけて秀でるということがあまり得意ではない。

で、もっというと、ジェネラリストに寄りつつ専門性を突き詰めたい気持ちもある、ジェネラリストとスペシャリストの中間(曖昧…)みたいな感覚でいる。

例えばジェネラリストが8/10を60%のレベルでできる人、スペシャリストが1/10を120%のレベルでできる人だったとしたら、自分は4~5/10を80%のレベルでできる人、みたいな感じだ。

 

それからもう一つ、自分は移り気であるということ。

一つのことをずっとやり続けるのはあまり得意ではなく、色々なことをどんどんやっていきたいと思うタイプだったりする。

これもこれ自体はそこまで悪いことではないと思うのだが、これが悪く出ると「飽き性」みたいになり、いつまでも何も上達しないということになる。

 

というような中で、自分はこの先どう学びを重ねていけばよいか。

これを書きながら、自分の「学びの回遊範囲」を定義して、その中をぐるぐると回りながら学びを重ね、長めの時間をかけて「複数の高いレベルを持つジェネラリスト」になればよいのではないか、とふと思った。

そうすれば、自分の性格をうまく生かしながら学びを重ねていくことができるかもしれない。

一つ一つの学びに時間がかかるようになるので、一度学んだ内容を忘れないようにすることは課題かもしれないが、まあそれはやりながら考えるようにしよう。

 

↑の回遊範囲、今ざっと考えてみたとき、大きくこんな5つが考えられるのではと思った。

・戦略思考系(マーケティングブランディング、経営戦略、論理思考)

・数値分析系(財務会計統計学

・対人関係系(チームビルディング、人材マネジメント)

・ITスキル系(プログラミング、コーディング)

・論理思考系(クリティカル・シンキング、プレゼンテーション)

もちろんこの中での優先順位付けと取捨選択は必要。なので、その選択には「自分がどんな人間になりたいか」の明確な定義をしなければいけないことには変わりがない。(無競争状態を手に入れる、独自性のあるポジション)

ただ一方で、そういうのは学んでいくうちに見えてくるということもあるので、今はあまり捨てすぎずに考えればいいのかな、と思う。

幸い、あと5年ある。

 

うん、ちょっと思考がすっきりした。

やっぱり内省して、それを文字に起こすのは大事だな。

今夜は本を読もう。

 

3/14 次の人生のマイルストン

なんとなく。なんとなくではあるのだけど。

 

35歳を次のマイルストンとしようと思った。
そこまでに、「自分はこの先どんな人間として生きていきたいのか」を決めようと思った。

それはつまり、自分をどうブランディングするのか、自分の戦略的ポジショニングをどう置くのか、そして人生の中で何を「やらない」のか、ということを、「決める」ということだ。

 

方法論はいくらでもある。
でも、自分が何者になるのか、を決められるのは自分だけ。誰かが決めてくれるはずもない。
そう、決めの問題なのだ。そしてそれは、自分がこれまでずっと避けてきたことでもあると思うのだ。


色々と模索しつつも、自分はどんな人間としてあと50年生きていきたいのかをしっかり決めよう。そして、それに向けて長期スパンでまた人生を考え始めよう。

3/13 内省不足

最近また、ブログが滞りがち。

それはすなわち、内省が不足しがち。

言葉にすることでまとまる思考は山程あるし、最近頭の中で折に触れてぐるぐると考える思考もある。

日々、フロー型の仕事に追われてる証というのもあるかも知れない。仕事を少し間引いて、ストック型の活動に脳内リソースを振り向け始めようと最近思った。ちょうど転職一年経つし。

加減乗除でいくと、加のステージはそろそろ終わり。戦略的に減らしていこう。

3/3 フローの仕事とストックの仕事

表題の通り。
忙しく目の前の仕事に追われる=フローの仕事に追われている。これは消耗戦。
多少無理してでも、日々ストックになる仕事をしないと、成長ははかれない。
ということを今日考えたので、覚書。

 

関係ないけど、四畳半神話大系を観た。いいアニメだった・・・

#1 テニスサークル「キューピット」

#1 テニスサークル「キューピット」

  • 発売日: 2015/12/18
  • メディア: Prime Video
 

こういうのもまた、ストック型の活動。時間をきちんと取らないとね。 

1/27 発信者⇔受信者の視点の移動の難しさ

色々な巡り合わせで初めて担当したプロモ企画が本日リリース。
不慣れなことばかりで方々に迷惑をかけたが、ひとまずは上々の滑り出しで一安心。
この盛り上がりを持続しつつ、目的としていたことにつなげられるか、引き続き気を張っていこうと思う。

 

さて今回初めてプロモーション系の仕事をしたこともあり、いろんな学びを得ることができた。
中でも個人的に強く感じたのが、企画する側に立つと、思っていた以上に「本来の目的」と「ターゲット顧客のニーズ」をないがしろにして「売り手の下心」が出やすいんだということだった。

今回色々企画を考えている中で、(そもそも検討期間がかなり不十分だったものの)ターゲットと目的は割とはっきり定めており、合わせてトレードオフするものも決めていた。
一般的な表記をすると、既存顧客のロイヤリティ向上=質の向上を目的とし、新規顧客へのリーチ=量の拡大は捨てる、という判断だった。予算も期間もリソースも限られている中で、全社の戦略との整合性を取ることを考えると妥当な設定だったと思う。
ところが、いざ考えようとしてみると、「とはいえ拡散は必要だ」とか「売れたほうがいいだろう」という下心がむくむくと頭をもたげてくる。これ、第三者的な立場に立っていたら絶対にそうはなっていない自信はあるのだけど、当事者の立場に立つとかくも簡単に”規模”や”量”という分かりやすい指標に飛びついてしまいたくなるのかと、我ながらたびたび衝撃を受けていた。

 

こういう思考に陥ってしまう理由として、一般的に挙げられるのは”評価基準が量や規模になっておりそこにインセンティブが働くから”ということだが、実際にその立場に立ってみると少し違うなと思った。正確には、それだけではないといったところか。
今回の場合から考察するに、”自分が手掛けた企画が多くの人の目に触れてほしい”というある種純粋な欲求から来ている部分も結構多くを占めているんじゃないかな。自分でいうのもなんだけど。
インセンティブが承認欲求だとしたら、これはもっと自己実現欲求に近いような感覚。だとしたら、より高次の欲求になるからより制御は難しくなるんじゃないかと思う。

 

今回よかったのは、初めてということもあってか相当色々な人とコミュニケーションを取り、意見を交わしながら企画を作り上げたこと。その甲斐あってか、最終的には目標からぶれることなく、そしてお客さんの反響も上々といった結果を得ることができていると思う。
目的と対象の顧客さえはっきりしたうえで、多くの第三者的な立場に立つ人と意見を交換すれば、フラットな目で企画を評価してもらえる。そうすると、下心に引っ張られがちな視点を戻してもらえるな、と。
その分時間はかかるというデメリットもあるけれど、ことこういう企画には壁打ちが大事だな、と強く実感した。

 

きっと経験を積んでいけばもっとスムーズにできるんだろうけど、そこに至るまではなおさら集合知を効かせないとね。
そういう意味で、やっぱり”チーム”は重要だなと再認識した一日だった。

 

***

 

過去(4年ちかく前!)にこんな記事を書いている。近しいものがあるなあ。

kari-ya2.hatenablog.com

視点の移動、は、永遠の命題なのかも。

1/25 メモ:新宝島MV解説

rockinon.com

 

古いものも、知らない世代には新鮮に見える。
最近良く見るワード”一周回っていい”と同じではあるけど、この解説は視点が独特で面白かったので、クリップしておこう。

 

しかし最近趣味が本当にないなあ・・・良くない良くない。感度が下がっている。