ないものねだいありー

そろそろ若手ではなくなってきた、20代後半社会人の内なる思考をこぼしていきます。読書メモ多め。グロービスMBA修了。

12/6 価値を生む活動への憧れ

どこの組織でも多かれ少なかれ、上位下達だったり政治的だったりするシーンというのはあると思う(極小化できるものだとは思うけど)。

そういう事態に直面したとき、例えばトップダウンで方針がガラッと変わってこれまでやってきたことが無駄になった時や、政治的な対立に巻き込まれて非生産的な仕事をやらざるを得なくなった時、モチベーションを下げないようにするためには、その仕事そのものへの誇りというか、自分自身が価値や意味を見出していることが非常に大事なんだろうなと思う。

 

ちょうど今日、上記のようなことがあり、不毛な仕事をしているなと思った時にふと考えたこと。調整ごと、これに価値を見出せず、マーケティングに憧れるのは、お客さんへの価値を生むことに対し自分が価値を感じているからなんだろうなと思う。

 

転職を絡めて、色々考えるなあ。