ないものねだいありー

そろそろ若手ではなくなってきた、20代後半社会人の内なる思考をこぼしていきます。読書メモ多め。グロービスMBA修了。

11/13 「委任」と「介入」のバランスこそが、マネジメントの肝であり真髄なのだろうか

そんなことを考えている土曜の22時。

委任=委ね任せること

介入=介して入ること

モチベーションや自律性・自発性があがるとして、マイクロマネジメントよりも委任は良いこととされるものの、

その塩梅を間違えると、委任は放任になり、やりがいはプレッシャーになる。

 

委ねられる側がときに頑張りすぎてしまう問題に最近直面している。

その結果、メンタル不調に陥る、あるいは予備軍になってしまう人が一定数いる。

業務とメンタル、両面でのマネジメントスキルの向上が必要そうだ。

少し、研修や書籍など探してみようかな。