ないものねだいありー

そろそろ若手ではなくなってきた、20代後半社会人の内なる思考をこぼしていきます。読書メモ多め。グロービスMBA修了。

7/26 新しい環境でも成果を出すために

最近仕事に忙殺され、振り返りを書けず。

忙しいのは悪いことばかりではないんだけど、ちょっと今月は精神衛生的にも家庭的にもよろしくない。もちろん睡眠時間的な意味でも。

 

忙しい理由は、自分で仕事を取って行ったら拾いすぎた、というところ。

転職して、焦りがあったからなのだが、ふとこの本に目を通して見ると「移行の落とし穴」のパターンを軒並みハマっていることが分かってしまった。

ハーバード流マネジメント講座 90日で成果を出すリーダー (Harvard Business School Press)

ハーバード流マネジメント講座 90日で成果を出すリーダー (Harvard Business School Press)

 

例えば、

  • 前職の知識を過剰に生かそうとする(自分の知識にこだわる)
  • 何かやらないと気が済まない(行動強迫症にとらわれる)
  • とにかく色々手を出す(多くのことをやろうとしすぎている)
  • ビジネススキルばかり目について社内の文化や歴史を理解しようとしていない(誤った方法で学習する)

など。

うわー改めて見てみると目も当てられない。。

 

現在進行形で色々なことが切羽詰まっている状況だが、泣いても笑っても来週末には基本全てが一段落して落ち着くはず。

そうなったらら、一旦落ち着いて、もっと余裕を持ちながら学習計画、行動計画を立てていかないとな、と思う。

 

とりあえず、このタイミングで気付けて良かった。

あと一週間は踏ん張って乗り越えよう。