ないものねだいありー

そろそろ若手ではなくなってきた、20代後半社会人の内なる思考をこぼしていきます。読書メモ多め。グロービスMBA修了。

12/26 切り出せなかった

上司との期末面談。

転職の件を切り出すならここしかない…!というところで、前から考えていたのだけれど、切り出せなかった…

 

時間が単純に短かったからというのもある。ただ、今期の振り返りの時間を差し引いても、決して話せない時間ではなかった。

切り出せなかったのは、一番は申し訳なさが理由。人手がいない、人材がいないという話があり、来年は益々中核として頑張ってほしいという言葉を聞いた後に、実は辞めるんですとは言えなかった。

この忙しいのになんで今?という上司の反応がありありと想像できる。あまりに無責任だろう…という感情が、自分の中にもあるのは否定できない。

そして、そのあとは強い引き留めに合うことが見えている。それに対して、どう返せば(完璧にとは言わずとも)円満に退職できるのか…もっというと、例え紛糾しても頑として動かない強い覚悟を持てていなかったと言った方がいいかもしれない。

 

ただ前向きに捉えると、多分面接でいっぺんに言ってしまおうというのは悪手だった。面接は面接でちゃんとやって、改めて時間とって伝えるというのが良かったと思う。

1日置いて、少し考えも整理できたし状況を客観的に捉えることもできるようになった。今日こそ、ちゃんと伝えよう。

 

あー。本当に難しい。