ないものねだいありー

そろそろ若手ではなくなってきた、20代後半社会人の内なる思考をこぼしていきます。読書メモ多め。グロービスMBA修了。

12/16 コクーンシティの屋内遊戯施設に行ったら9ヶ月の娘がのびのび遊べてまた行きたくなった。

最近妻はストレスがたまっているし、娘は夜寝つきが悪い日が続いていたので、色々発散しようと家族3人で外出。

こちらに出かけてきた。子供向けの屋内遊戯施設で、赤ちゃんエリアもしっかりと確保されている。

kidokid.bornelund.co.jp

 

屋内遊戯施設は娘にとっても初めて。

最近つかまり立ちが膝立ちでできるようになり、手先も順調に器用さが増してきているので、そろそろこういうところに行っても楽しめるかな?と思って(妻が)選んでくれたが、これが正解だった。

色々なおもちゃがあって飽きなくて、周りの人から刺激を受けるし、そして何より広い。家だとすぐにサークルの壁にぶつかってしまうところ、ここだとどこまでもハイハイでおもちゃを追いかけ続けられる。

やはりハイハイは全身使うせいか体力を消耗するようで、1時間終わった後はベビーカーで安らかに眠ってくれた(ちなみに夜もちゃんと寝てくれたものの、これは30分くらいで起きてしまうという・・・難しい)。

 

また親の目線に立つと、子をいつもの環境と違うところで遊ばせられるというメリットのほか、どのようなおもちゃに自分の子どもが興味を示すのかというのがよく分かるのがいい。

特に今はクリスマス前でおもちゃを買ってあげたくなるところ。行く前までは知育のために積み木を買おうと思っていたけれど、実際目の前にしてみると見向きもせず…代わりにゴムボールに夢中だったので方針変更。動くのと、他に届きそうで届かないのが楽しいんだろうな。

試し遊びという意味でもとてもいい時間だった。

 

結局夜中に起きてしまったりはあったけれど…それでもいいところだったので、また行きたいなと思ったのでした。