ないものねだいありー

そろそろ若手ではなくなってきた、20代後半社会人の内なる思考をこぼしていきます。読書メモ多め。グロービスMBA修了。

5/14 企画という仕事

1月よりいわゆる「企画系」の仕事をしている。

 

長期的展望に立って将来を描き、取るべき実行計画を立て、それを関係部署に共有して巻き込んでいく。そして、その計画がつつがなく進行するように、「どうやったらできるのか」という視点で(ここ重要)実務部門の進捗をサポートすることが仕事。

こういうとなかなか格好いい仕事に聞こえるが、なにせ一事業所の企画部門なので、本社からいろいろ降ってくるし、全社戦略の変更に振り回されたりすることもしばしば。

これが間接部門、管理部門の宿命でもあるんだろうな。

 

なかなかこういう仕事の立ち位置と進め方に慣れなかったが、最近少しずつ仕事の上で大事なポイントというか、考え方がわかって来た。気がする。

例えば、全社戦略をちゃんと理解し、大きな潮流をいち早く捉えることはとても大事。本社からの指示を先取りして企画するには、なんでもかんでもゼロベースで考えようとせず、全社戦略を是としてそれに乗っかることが大事(もちろんその戦略を自分で評価できるようになることも大事だけど)。この辺りの割り切りと見極めは大事。ポリシーとのバランスもそうだけどね。

そしてそれをするためには、自事業所の経営状態を把握するための分析が必要。そのためにも日頃から、各種KPIのウォッチングが大事になってくるんだろうな。

 

グロービスである程度「分かった」ことを「できる」ようになるための経験、と思って。

学びと経験を紐付けると期間として頑張ろう。