ないものねだいありー

そろそろ若手ではなくなってきた、20代後半社会人の内なる思考をこぼしていきます。読書メモ多め。グロービスMBA通学中。

12/12 全員がリーダーの組織を作るには

今更ながら、又借りした「採用基準」の本を読んでいる。

 

採用基準

採用基準

 

 (総論として)日本人に不足しているリーダーシップについて、著者のマッキンゼーでの経験を交えながら書かれている本。

リーダーとは、リーダーシップとは、リーダーの果たすべき役割とは、等、ある種基本的だけど大事なことが書かれていて、特に組織全員がリーダーシップを発揮する重要性を説いている。

読みながら納得すると同時に我がふりを省みたりもしているが、それ以上に自分が思うのは「自分のリーダーシップの発揮の仕方が不味くて、周りの人のリーダーシップの発揮を阻害していないか?」ということ。

 

自分についての反省点もあるのだけど(なんとなく、大企業に染まっている感がある気がしている。忖度と言えばいいのか)、そうは言っても自分は比較的、ポジション的にフォロワーでもリーダーシップを発揮できている方だと思う。

しかしこの一年自分が率いたチームを考えてみると、全員がリーダーシップを発揮するチームにはなっていない。これは、ポジション的にリーダーである自分のスタイルに問題があったのではないか?と、思ってみたりしている。

 

どのようにしたら、全員がリーダーシップを発揮できる組織を作れるのか。それこそが「採用基準」なのか。育てることはできないか…

そんなことを考えながら、引き続き読み進めようと思う。