読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ないものねだいありー

駆け出し社会人の内なる思考をこぼしていきます。読書メモ多め。グロービスMBA通学中。

2017/1/4 年が明けました~昨年の振り返り編

あけましておめでとうございます。あれよあれよという間に2016年が終わり、2017年になりました。

こうやって机に向かってブログを書くのも久しぶり。遅ればせながら、昨年の棚卸と今年の目標を立てることをしようと思う。

 

ーーーーーーーーーー

【2016年の振り返り】

2016年のイベントを整理すると、ざっくりと仕事・音楽・GLOBIS・読書・家庭の5カテゴリに分けられそう(粒度がバラバラなのは気にしない)。

手帳を見ながら振り返ってみると、えーそれも今年だったの?という感じを受けるイベントがちらほらと・・・それだけ今年は中身の濃い1年だったかな、と我ながら思う。

時系列で振り返ると、圧倒的に4月以降の密度が濃い1年だった・・・なにせプレゼン中に倒れたくらいだから。中でも大きかったものはGLOBISに入学したことと、社内ベンチャーに挑戦したことの二つ。それに、バンド二つが交互に乗っかってきた感じだったな。本業の仕事は正直、二の次だった。笑

新しい世界に足を踏み入れ、色々と挑戦し、見えている世界が広がった一方で、迷いと悩みも深まった1年だった。

 

年初のブログを振り返ってみると、目標を3つ掲げていた。それがこちら。

①:継続したインプットをしつづける
②:プロセスを高速回転型へ変容する
③:アウトプットの目標を達成する

 

この3つの目標をふまえて2016年を評価してみる。

 

2016年で良かったのは、多くの挑戦する機会に踏み出すことができたこと。

筆頭はやはり社内ベンチャー。結果は実らずだったけど、ゼロからサービスを考えたり、経営者目線でビジネスモデルを考えたり、少なくとも普通に仕事をしているだけでは絶対にできない経験をすることができた。そしてGLOBISで学んできたことを使うことができた実質的に初めての機会であり、学びが学びでとどまっていることを痛感した機会でもあった。

顧客の視点に立って顧客が喜ぶものを考える、経営者の目線で事業を評価する。どちらもまだまだ、頭で分かっているだけじゃなくて体で覚えないといけないと思うけど、これにはきっともっと経験が必要だろうな。

 

それから膨大なアクティビティの合間を縫って、インプットを意識的にし続けられたこと。

例えば読書は結局目標未達だった(年間60冊)けど、年初に想定できなかった外部要因(=社内ベンチャー)を考えると、まあまあ健闘したほうなんじゃないかと思う。(読めていた月の)平均ペースは7~8冊/月。年100冊にはちょっと届かないペースではあるけれど、前年比は当然ながら非常に良かった。

それからこちらも停滞した時期はあったけれど、GLOBISのクラス以外の機会を積極的に活用したこと。某委員や某コンペはじめ、麹町にはそれなりに頻繁に行っていた。結構しんどかったけど、何だかんだこういう積み重ねで学びは深まっていったと思う。

 

一方振り返って物足りないと思うのは、まずは具体的な「成果」。社内ベンチャーと某コンペ、どちらも結果は実らずというのは、非常に悔しい1年になった。また、続けようと思っていた習慣にムラがあり、一時的にサボってしまったこととかもあった。

実力不足とか目標ミスとかいうとそうだったのかもしれないけれど、それ以上に、どこかで本気度が足りなかったのかな、と思う。もっと、自分が成功する姿、達成する姿を強くイメージして、言葉に出して取り組むべきだった・・・そうであれば、きっともっと取っていた行動が変わっていたんじゃないかな、と思う。これが続くと、「負け癖」「サボり癖」がついてしまいそうなので、気を付けないと。

 

そして意外とこれが肝なんじゃないかと思うのが、体力不足。寝不足がたたっていたとはいえ一度倒れてしまったし、倒れなくても日中の睡魔の撃退がどうにもできない・・・

今の部署に異動してからデスクワークになり、仕事中に身体を動かす機会が減ったことで、身体の鈍りを正直感じる。そろそろ「若い」とは言えない年になってくるし、資本たる身体を磨く努力もしなければ。

 

あともう一つ書くと、「捨てること」ができなかったかな・・・足し算で色々とやりたいことを増やしていって、引き算ができなかった。

ただこれに関しては、果たして引き算をする必要があるほど果たして忙しいのか?という疑問は少しある^^;自分よりもっと頑張っている人いるし、ここはもっと詰め込んでもいいかなーとは思う。

 

振り返るとこんな感じ。

今年の目標は、次の記事に。