ないものねだいありー

駆け出し社会人の内なる思考をこぼしていきます。読書メモ多め。グロービスMBA通学中。

1/10(日)とある懇親会での一幕

あけましておめでとうございます。

年が明けてすっかり日が経ってしまった。もう1月も1/3終わりです。早いなあ。

2014年の棚卸記事を書きかけで止まってるんですがそれはおいおい書くとして(おいおいっていつだよって話だけど)。

 

本日からグロービス1月期が始まりました。

今期はファイナンス基礎とファシリテーション&ネゴシエーションの2科目。

思考系とカネ系という毛色の違う2科目のおかげで、右脳と左脳をバランスよく使えている気がして心地よい疲労感です。

 

Day1ということで懇親会にも出席した(というより幹事だった)んですが、そこでの一幕が今日の本題。

それなりにお酒が進んでいたタイミングで、講師から突然振られたこの一言。

「どうですか?新社長になって」。

 

まずこのタイミングで自分が勤めている会社を覚えていてくれたことがまず嬉しかったんですが、というかクラスでも質○がついて嬉しかったんですが、それはおいといて笑

酔ってる中いきなり振られたもんだから本心のままに「いやー僕はすごくいいと思います」と返すと、

「なるほど、どういうところがいいですか?ブランド減らされたりしてますけど」と。おっと唐突に講義モード笑

 

しかしそれにも流れで「いやーむしろ減らしたほうがいいですから」とか「プレゼンがいい意味で身近に感じられたのがとてもうれしかった」とか思ってることをいくつか返したら、そうですよねーと。

先生に考え方を認めてもらえた感じでなんだかすごーく嬉しかったんですよね。素朴な感想になっちゃうんだけど。

 

そのあとも色々話したり先生からお話を伺ったりしておりまして。

特に色々とうちの会社の良くない点を挙げていて、それが社長の言っていることや自分の感覚と合致していたりして、

あー今進もうとしている方向は正しいんだなーと思えてますます嬉しくなったりしましてね。単純なんですけどね笑

 

そして今日一番嬉しかったというか、ぐっと一つ決意が固まったのが、

「1年でも2年でもいいから社長がうちの会社にいる間に近くで仕事をしてみたいんですよねー」

と言ったときに、「あーそれはすごくいいですねー」と言ってもらえたときのこと。

これはねえ、自分が今持っているこの感情、勢いのままに、チャンスが来たらチャレンジするっきゃないなと思ったわけですよ。後先顧みてはいけないとね。

一瞬体温がちょっと上がったような、そんな感覚になったんですよね。久しぶりに。

 

今自分が抱いている問題意識、先に描いている(まだまだ漠然としているけど)目指したいところは、間違っていない。そのことを実感できた以上、これからもっと突き進んでいきたいなと。

そして知識やスキルだけでなく、こういう感情を時折動かされるあたり、グロービス通っててよかったなあとも思った一日でした。

ざーっと書いてしまったけど、自分のための備忘録だから別にいいでしょう。

 

 

今日の締めは、この一言がふさわしいかな。

「動け、自分。」