ないものねだいありー

そろそろ若手ではなくなってきた、20代後半社会人の内なる思考をこぼしていきます。読書メモ多め。グロービスMBA修了。

学び

8/16 PSYCHO-PASSを観た

ずっとまえから気になっていた、PSYCHO-PASS。8月頭で仕事が落ち着いたこともあり、アニメの1期・2期、劇場版を今月一気観した。 psycho-pass.com 善と悪、勝者と敗者のような二項対立ではないテーマ。強いて言えば、作品全体を通したイシューは「何を正義と…

6/2 人を惹きつける「間」

今日は仕事でお客さん向けのイベントに参加。 職場や製品について案内する機会で、自分も色々と話をさせてもらったが、やはりその道でずっと生きてきている先輩はすごい。話の仕方や一つの動作で聴衆を惹きつける力を持っている。 その違いは一言でいうと「…

5/29 具体的な言葉でアウトプットをすることへの意識を

マーケティング系の議論をしていると、ともすれば抽象度が高い言葉を使いがち…というか、逃げがちだと最近痛感する。例えば、◯◯な感じ、とか、××のような、とか(◯◯や××には、もっぱら形容詞や抽象度の高い名詞が入る)。自分は雰囲気で会話していることが多い…

4/27 イチローの素振り

毎日同じような素振りをしているように見えるけど、一回一回全て違うことをしている。 解像度を上げると、全て違うことになる。 なるほどな、と思った。 同じことを何度もやると飽きるけど、毎回違うと思えば長く続く。 そのためには、自分がやっていること…

2/22 クラフトビール勉強会

昨日はクラフトビールの勉強会。 元大手外資のビールメーカーのCFOだった方から、ファイナンシャルの視点を交えながらビールビジネスについてレクチャー。 数字を交えながらの講義はやはり面白かったな。 昨日の勉強会で思ったのは、やはり業界特性に起因す…

2/7 問題解決には角度を変えて

最近Amazonの「まんがで読破」シリーズをたくさん購入している。 例えばこんなもの。 雇用・利子および貨幣の一般理論 ─まんがで読破─ - Kindle セールで1冊11円になっていたからというのがまあ正直なところだが、いい入り口になるかなというのもあった。 ま…

1/30 学び多き一日

今日は昼からデールカーネギートレーニングのセッション11、夜はGLOBISの講演会。 久しぶりに昼から夜まで学び通し、脳が活性化された1日だった。 このうちGLOBISの講演会では著名なマーケターの方が登壇。マーケティングといいつつ、中身は戦略についてで、…

1/29 継続の難しさ

最近、ブログがだんだん続かなくなってきた…普通に書き忘れるようになってきてしまった。同時にfacebookなどを見る時間が増えてきた。これはいけない。 インプット<アウトプットの行動原則に綻びが出始めている…し、早起きもできなくなってきて勉強時間も確…

1/27 「わかる」と「できる」と「なじむ」の差

「わかる」と「できる」は違うというけど、「できる」と「なじむ」にも大きな差があると思う。 昨日の飲み会で感じた話。 今鍛えているところの、説明ではなく相手の頭の中に映像を描くように喋るとか、身振り手振りを大げさに使うとか、事前に設計していれ…

1/23 殻を破るその2

本日はデールカーネギー トレーニングの欠席分を振替。 振替は開講期が後のセッションになるため、今日のメンバーは自分よりもまだトレーニング歴が浅い人たち。従い、自分の成長幅を感じるいい機会になった。 ちょうど前回受けたクラスが、大きく自分の殻を…

1/16 読書メモ:星野リゾートの教科書

こちらも転職先の教科書として。星野リゾートじゃないけど。 星野リゾートの教科書 サービスと利益 両立の法則 作者: 中沢康彦 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2010/04/15 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 12人 クリック: 92回 この商品を含むブ…

1/16 殻を破り、多彩なコミュニケーションを獲得する

今日はデールカーネギートレーニングの9回目。 大幅遅刻をしていったけど、それでも諦めず参加して良かった。 タイトルの通り、今日のメインは「殻を破る」。まあこれまでも度々そういうコンセプトでセッションをこなしてきたものの、今日のは特に極端。ひた…

1/10 読書メモ:「ランチェスターNo.1理論」

転職先の教科書として、2冊目を読了。 世界一やさしいイラスト図解版! ランチェスターNo.1理論 作者: 坂上仁志 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2012/07/21 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (3件) を見る いやいやとてもわ…

1/6 唐揚げの衣と食感の関係

料理をしていて気づいたメモ。 唐揚げの衣は基本的に小麦粉と片栗粉のブランドだが、 最外層にどの粉がくるのかにより、食感が変わってくる。 例えば、片栗粉をまずまぶしてそのあと小麦粉をつけた場合は、小麦粉が最外層になる。小麦粉の衣は柔らかく、ふん…

12/20 読書メモ:売れるもマーケ 当たるもマーケ マーケティング22の法則

久しぶりの読者メモ。 売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則 作者: アルライズ,ジャックトラウト,Al Ries,Jack Trout,新井喜美夫 出版社/メーカー: 東急エージェンシー出版部 発売日: 1994/01/01 メディア: 単行本 購入: 17人 クリック: 25…

12/17 人を動かすために自分を変える。だけれども、どこかで諦めるという選択も全然あり。

本日はデール・カーネギー・トレーニングのセッション7。 内容自体はこれまでの課題の取り組みプレゼン(他者に積極性を持って動いてもらうための原則実践報告)で、久しぶりということもあり正直変わり映えしなかったけど、その後のセッション内で、残るリー…

11/30 見つめる鍋は煮立たない

運転再開時刻を気にする電車は動かない。 ↑もっと語呂よくまとめたい。 「道は開ける」の原則の一つ、「避けられない運命には調子を合わせる」。 この時間にブログをかけて、よかったと思おう。

11/26 伝わるプレゼンテーションの肝は「情報の絞り込み」と「誰にでも伝わる例え」だ

デールカーネギートレーニングのセッション6、内容は「仕事上の複雑なプロセスや考え方を、図や絵を用いて90秒間で分かりやすく説明する」というもの。 もともと複雑なものを咀嚼して分かりやすく伝えるのは苦手ではなかったが、これまでのプレゼンテーショ…

11/23 マーケティングに教科書はない、自分で考えろ!

こんな記事を読んだ。 dot.asahi.com 記事の冒頭には、コトラーを始めとするマーケティング理論が疑問視され始めている、と書かれたいけれど、全体的にはそこまで強く疑問を呈するトーンではない。 というより、インタビューの焦点は「マーケティング、ブラ…

11/12 ストレスへの対処

昨日はデールカーネギートレーニングDay4。 だんだん自分を含めた参加者みんな、コースの雰囲気に慣れてきた感じ。 90秒ピッチも、ジェスチャーや抑揚、間の取り方など、少しずつ皮が剥けてきた。confort zoneからの脱却。 コミュニケーションとは別に、この…

11/8 継続のコツ?

気づいたら、ブログを毎日書き始めて1ヶ月が経過。 なんでかな?以前挫折した時と比べて、全然ストレスなく続けられている。 大きく3つの要因があるかな? 一つは、完璧を求めないこと。一言でもいいから、続けることを目的にしている。自然と、PCの前に座っ…

11/6 パフォーマンスを鍛える

本日はデールカーネギートレーニングの3回目。 自分の殻を破るためのプログラム、これがだんだん本格的になってきた感じ。ある程度アクティビティのあるプログラムだとは思っていたけど、それにしても90秒ピッチをはじめ、今日やった10倍熱意のコミットメン…

10/30 説明ではなく物語を

人は説明は好まない、物語に引き込まれる。 昨日DCCで聴いた言葉。うーんなるほどと。 コツは「聴き手を早く情景に連れて行く」。そのためには「時間と場所」を最初に言ってしまうことが大事だと。そして、最初に続きが気になる期待感を持たせる言葉を挟むと…

10/28 超宴@お台場

昨日はヤッホーブルーイング主催の「超宴2018」に参加してきた。 よなよなエールの超宴|ヤッホーブルーイング公式 コアなファンの人が多かった!会場には5000人も集まったそう。 正直オペレーションは社員とボランティアなのでスムーズでない点も多かったが…

10/23 デール・カーネギー・コースDay1

昨日のことになるが、デール・カーネギー・コースという研修に参加してきた。 全12回の1回目。人生で成功を勝ち取る5つのドライバー:自信、コミュニケーション、人間関係、リーダーシップ、ストレスコントロールのスキルを高めて、個人と組織を成功に導く・…

10/10 キャリアの大三角形を描く

久しぶりに麹町に出向き、卒業生限定のセミナーに参加。 藤原和博氏の「戦略的人生計画のすすめ〜 キャリアの大三角形を作り100万分の1の希少性と信用をゲットしよう!」というタイトル。 キャリアの価値は三角形の面積で決まる。この三角形は、20代〜30代の…

8/29 日々の振り返り

最近、日々の振り返りが不足している。ような気がする。 成長には、復習のプロセスが欠かせない。思考としては振り返っているかもしれないが、やはり言葉に起こすと違うので、定期的に書き起こすようにしよう(というのを、あまり意識しないでもできるように…

7/2 論点思考

久々に読み返している(自分の論理思考の鈍り具合が不安になったため) 論点思考 作者: 内田和成 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2010/01/29 メディア: 単行本 購入: 30人 クリック: 389回 この商品を含むブログ (37件) を見る 読むと気づきが多い(…

10/2 価値観の炙り方

3Qが終わり、今日から仕事も4Qが開始。 2017年ももう少し。年初に立てた目標のうち、特に今年重視している「成果」に向けて、仕込んできたことが少しずつ芽を出し始めている。 花まで咲かせられるように、キツイけどがんばらねば。そんなことも含めた、3Qの…

9/17 しばらく続いたアウトプットの振り返り

しばらく続いていた立て込んでいた日々がようやく終わり、つかの間の休息の今日。 ひんやりとした秋らしい空気にしとしとと降る雨。この、町全体が静かに休んでいるような空気、好きだなあ。 この2か月間は、大きなアウトプットが続いた日々だった(そのおか…