ないものねだいありー

そろそろ若手ではなくなってきた、20代後半社会人の内なる思考をこぼしていきます。読書メモ多め。グロービスMBA通学中。

休日

10/14 秋という季節

鈴虫の音色を耳にしながら、クラフトビールを嗜む秋の夜長。 秋生まれだから、なのかは分からないけれど、秋という季節が好き。ふと気づくと日が落ちる時間が速くなっていて、夜のひんやりとした空気は、どことなく、世の中全体が年末に向けて店じまいをし始…

10/13 ブランドの立ちやすさ?

ブランドが立ちやすい商品カテゴリーににはどういう要素があるのだろう? ユーザーが価値の違いを明確に感じることができること、価値の違いが非線形であること(同じものでも人により捉え方が異なる=嗜好性とも言えるか)、官能価値であること、あたりがある…

10/8 地方における車2台持ちの検討

半年後に備え、地方の車事情をリサーチ・検討。 ・地方に住む場合、車の2台持ちは必須か? ・車を2台持つとしたら、どんな車でどう組み合わせるのが良いか? このあたりが論点。 2台持ち、当然ながら購入代金と維持コストが2台分かかる。 1台当たり、購入代…

9/2 深夜の子守り

娘が寝ない深夜3時。なぜだ^^; いつもなら目を覚ましても授乳をすれば比較的簡単に再入眠してくれるのに、今日はぱっちり覚醒。夜泣きをするわけではないのが助かるっちゃ助かるけど。 時々あるんだよなー日中寝すぎたわけでもなく遊び足りないわけでもない…

9/1 転職の検討

転職活動で内定をもらってから一週間。 ちょうど今週の仕事が入社以来の忙しさで疲労困憊しつつ、受諾するべきかどうかを頭の片隅で考え続けている。 そんな思考の整理のために、久しぶりにちゃんとPCに向かいながら書いてみる。 なんというか、ああだこうだ…

8/14 サピエンス全史

お盆休みということで、しばらく前流行っていたときに買ったサピエンス全史を読み始める。(積読本でした) サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福 作者: ユヴァル・ノア・ハラリ,柴田裕之 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2016/09/08 メディア: 単…

8/12 一段落

転職活動が今日で一つの区切りを迎えた。 結果はまだだし反省は多いけど、それでも今できることは精一杯やったかな、と思う。 自分のやりたいことと改めて向き合ういい機会だったし、グロービスが終わってからなお頭を使ういい機会だった。 一方で、終わった…

7/16 人を見くびる

ことをしないようにするためにはどうしたらいいんたろう?

7/16 3連休

ゆっくり休めてよかった。 妻とも将来の話を割とじっくりできてよかった。関心はやはり、子どもの将来。幼少期の教育はもちろん、中高大と将来を左右するようなタイミングのこと。 ここのネックは解消して、前向きになってもらえないことには、転職話は前に…

7/14 キャリア相談

グロービスの繋がりの方へ、検討中の転職の相談を。 様々な有意義なアドバイスをいただいた。まだ結論を出してないので、今日もらった視点を評価基準に加えて考えようと思う。 ・大企業→中小企業へ転職する時は心構えが必要。守られている環境、仕事のスキー…

3/4 来週の行動目標3つ

◆1週間の目標 将来についての思考を深める ⇒翌週に、4月以降の1年間のスキル獲得プランを考えられる状態にする ◆そのためにやること 行動①時間捻出:スマホの閲覧時間を削減する ⇒先週に引き続き、FacebookとSafariの閲覧時間合計を1時間/日以内に納める 行…

3/3 この一週間の振り返り

今週、下記のように目標を立てて過ごしてみた。 kari-ya2.hatenablog.com その結果をレビューしてみる。 行動①スマホの閲覧時間を削減する 下記がこの一週間のうち、スマホでSafari・Facebookを閲覧時間。計測は毎日22時、バッテリーから過去24時間を選択し…

1/23 思いがけず得た休みに振り返り

恒例の年末年始の振り返りもせず、気が付いたら2018年1月も後半に差し掛かってしまっている今日。 週末からインフルエンザにかかり、この4日間は仕事はおろか妻とも極力接することのないよう隔離生活を送っていた(妻は妊娠中なので移すと一大事)。 久しぶ…

11/4 SMP2017

主幹事として企画してきたライブイベントが先日終了、大きな山場を超えた感じ。 とても楽しかったなあ、音楽ってやっぱ最高だね。大勢の人が一つの場に集って思い切り楽しめるのは本当いい! みんなが楽しんでくれる姿を見られて幹事として幸せな限りでした…

9/17 しばらく続いたアウトプットの振り返り

しばらく続いていた立て込んでいた日々がようやく終わり、つかの間の休息の今日。 ひんやりとした秋らしい空気にしとしとと降る雨。この、町全体が静かに休んでいるような空気、好きだなあ。 この2か月間は、大きなアウトプットが続いた日々だった(そのおか…

8/6 読書会

今日は学校の友人との読書会。 テーマは「未来を予測する技術」。と、夢のあるタイトルだけど、結論は、未来は予測はできない。作るものだ、と。 そりゃそうだよね。統計をはじめ、未来予測の技術は全て「過去の事象に対する解析」であって、複雑系・非線形…

7/22 ベンチャー戦略プランニング

楽しいなあ〜 クラスが楽しいというより、自分発のアイデアを具現化していくプロセスが楽しい。 やりたいことが割とはっきりしてるから、ピボットも全然苦にならない。 やっぱこういう仕事をしたいなあ〜

7/18 連休の振り返り

よく勉強した三連休だった。明けてしまったけど、備忘録として。 7/15(土) ・クラスの振り返り勉強会 →今期はイノベーションによる事業構造変革というクラスを受講しており、その復習。疑問点の洗い出しも含めて。0→1人材は育てられなくとも、ポテンシャルを…

7/17 Be Scientific

この週末にグロービスであった勉強会で、日本を代表する企業のトップラインに立ち、世界を股にかけて活躍されていた方から聞いたお話しの中にあった言葉。 その方が掲げる、リーダーとしての4つの行動規範の1つ「科学的であれ」。リーダーとしての行動規範と…

3/11 1Q終盤に来たので振り返り

2017年も3月になってしまいました。それももう11日目。 時間の流れが速すぎる・・・という一方で、年が明けたのがはるか昔なような気もする。 新しいこと・やりたいことを色々やっていて、時間に対する欠乏感を感じているんだろうな。こうやって、腰を落ち着…

2017/1/4 年が明けました~今年の抱負編

前回に続いて今年の目標を。 ①継続したインプットをし続ける 今年も継続。アクションプランは以下のようにする。 ・読書・・・1冊あたり、3hを上限(振り返りを含む)とする。着手数100冊、読了率80%を目指す。 ⇒読み切れなくてもいい、というわけではない…

2017/1/4 年が明けました~昨年の振り返り編

あけましておめでとうございます。あれよあれよという間に2016年が終わり、2017年になりました。 こうやって机に向かってブログを書くのも久しぶり。遅ればせながら、昨年の棚卸と今年の目標を立てることをしようと思う。 ーーーーーーーーーー 【2016年の振…

9/18 読書メモ:話し方の心理学

44冊目。 「話し方」の心理学―必ず相手を聞く気にさせるテクニック (Best of business) 作者: ジェシー・S.ニーレンバーグ,Jesse S. Nirenberg,小川敏子 出版社/メーカー: 日本経済新聞社 発売日: 2005/10 メディア: 単行本 購入: 10人 クリック: 85回 この…

9/3 読書メモ:イノベーション・オブ・ライフ

40冊目。 イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ 作者: クレイトン・M・クリステンセン,ジェームズ・アルワース,カレン・ディロン,櫻井祐子 出版社/メーカー: 翔泳社 発売日: 2012/12/07 メディア: 単行本 購入: 9人 …

8/17 余裕ができたので

ここしばらくを振り返ってみる。 この2か月、社内のチャレンジ機会に向けて突っ走り続けてきて、つい3日前にようやっと一段落ついた。半段落・・・といったほうが正しいかもしれないが。 お盆休みも相まって、ようやっと気持ちに余裕を持てるようになった。6…

7/9 デザインシンキング

あっという間に7月。 4月期が終わり、あすか会議が終わり、一旦グロービスのペースを緩めて最近は仕事に勤しむ日々。 その中で出会った「デザインシンキング」。 言葉だけは聞いたことあったしなんでもないなと思っていたら、全く馴染まない思考方法で困った…

6/6 やっと一息

レポート⇒新規事業提案⇒レポート⇒ライブ⇒JBCCという、怒涛の2週間がようやく一段落。 あいだに当然練習や各種MTGが挟まってきていて、超大変だった。深夜早朝のSkypeは数知れず。確実にキャパ広がった。これも仕事しながらビジネススクール通う醍醐味なのか…

5/1 心を鍛える

最近書評専用ブログになりつつあるこのブログだけれど決してそんなこともないのです。 4/28~5/1で、京都にある親戚宅に居候しながら旅行に行ってきました。京都をちゃんと観光するのは、もしかすると中3の修学旅行以来かも? とはいえちょこちょこと行って…

4/2 ふと思ったこと

クラスに臨むにあたって、自分は変に手加減していた部分があったかも。と、なぜか読書中にふと思う。特に、ケースの内容について明確な結論を出せていると感じているときは、教室全体のファシリに徹し、自分の意見を発言するときにあえて隙を残していたこと…

2/14 読書メモ:鈴木敏文の統計心理学

12冊目。 鈴木敏文の統計心理学〈新装版〉―データサイエンティストを超える仕事術 作者: 勝見明 出版社/メーカー: プレジデント社 発売日: 2013/11/28 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る 所要時間約3時間半。 言わずと知…