ないものねだいありー

そろそろ若手ではなくなってきた、20代後半社会人の内なる思考をこぼしていきます。読書メモ多め。グロービスMBA通学中。

4/18 もう4月後半

あっという間にそんな時期。

ブログをしばらく書いていない間に、子供が生まれ、育休を取り始め、バタバタとした生活を送るようになり、最近それにようやく慣れてきたところです。

仕事復帰までもう3週間を切っているけれど、もう少し育休長く取ればよかったな。子育てが落ち着くという点でも、自分が育児をできるという点でも。

 

ほんとは出産時のこととかもっとしっかり書くつもりだったけど、ズルズルとここまで引っ張ってしまったので、一旦区切りとして記録しておくことにする。

育休が終わる頃にまたしっかり書こう。

3/7 「分ける」と「くくる」のバランス感覚

定量分析って難しい。。

なまじ計算が得意なだけに、いつも細かいところが気になって、どんどん深みにはまって行く。

いわゆる「分析麻痺」。

 

分析は比較なり。比較するためには、適当なサイズに分ける必要がある。

この「適当なサイズ」のバランス感覚やね。分けるとくくるの。

 

問いをシンプルに考えて、目的をはっきり持って、必要最低限の計算でこなすように意識しなければ。シンプルに考える。

3/6 鳥ハムリベンジ

先日作った鳥ハムの塩気が強くて悔しかったので、いくつか変更を加えてリベンジしてみた。

kari-ya2.hatenablog.com

 

結果は、とてもうまくいった。うまい。これが鳥ハム。

以下、前回からの変更点。

 

○味付け

以下の2種類にした。レモン塩は自家製。ホワイトペッパーよりも良い感じ。

・ブラックペッパー&ローズマリー&塩

・バジル&レモン塩

 

○分量

鶏むね肉約350gに対し、塩・砂糖どちらも小さじ1.5に減量。

レモン塩のみ、塩の結晶が残っているところを中心に、小さじ2弱にした(レモンで塩分濃度が少し薄くなっているため)

 

○下ごしらえ

砂糖を刷り込む前に、フォークで穴をあけた。

 

○塩抜き

ぬるま湯(20~30℃くらい)で1.5~2時間。

流水ではなく、途中3回程度水を変えた。

 

○加熱

中火で沸騰した水に棒状にした肉を投入し、再沸騰してから蓋を開けたまま少しだけ温度が下がるのを待って放置、その後蓋をして1時間弱放置。

色々調べると、75℃くらいで1時間くらい加熱するのが良いらしい。高すぎても低すぎてもだめだと。温度計買おうかな。

 

こんな感じ。その他、漬け込み時間2日間とかは変わらず。

全体的に塩分がちょうどよかったのと、二つで味にはっきりと差が出たのが良かった。これなら飽きずに食べられそう。

なお今回切ったら赤い血のような点があり、加熱不足だったかと思って除去したが、調べてみるとこれは骨髄液と言って加熱が充分でも赤く残ってしまうもののよう。覚えておこう。一部無駄にしてしまった&型崩れしてしまった。

 

もう一回作ったら、ベストレシピを確立できそうかな。

3/4 来週の行動目標3つ

◆1週間の目標

 将来についての思考を深める

 ⇒翌週に、4月以降の1年間のスキル獲得プランを考えられる状態にする

◆そのためにやること

 行動①時間捻出:スマホの閲覧時間を削減する

  ⇒先週に引き続き、FacebookSafariの閲覧時間合計を1時間/日以内に納める

 行動②将来像の明確化:志とその背景の棚卸

  ⇒上記で空いた時間を用いて、自分の志ややりたいことと、その理由をメモ帳に書き出す。ちょっとエネルギー使うけど、ざっくばらんに書いてみよう。

 行動③スキルの特定:専門性を高めるべきスキルの洗い出し

  ⇒特に4月以降(GLOBIS卒業後)に習得すべきスキルを考え、自分自身が目指すΠ型人材の方向性を定める。それにより、来週にのスキル決めに備える。

 

今週も、行動宣言でした。

 

※※※

 

ふと思い立ち、新入社員当時に書いていたブログ(このブログではない)を読んでみたところ、当時から同じような問題意識(器用貧乏)を抱いていたようだ。

なんというか、自分の本質を突いているといえばそうだし、変わっていないっちゃ変わっていない。。。

うーむ。もちろん総じてレベルアップはしているんだろうけど、本当にこのタイミングで、「圧倒的なゼネラリスト」を目指すのか、特定の箇所を数か所きわめた「力のあるΠ型人材」を目指すのか、はっきりさせなければ。

 

そういう意味でも、今週のスキル洗い出しは大事だな。

3/3 この一週間の振り返り

今週、下記のように目標を立てて過ごしてみた。

kari-ya2.hatenablog.com

 

その結果をレビューしてみる。

 

行動①スマホの閲覧時間を削減する

下記がこの一週間のうち、スマホSafariFacebookを閲覧時間。計測は毎日22時、バッテリーから過去24時間を選択して確認。

f:id:kari-ya2:20180304005858p:plain

上記の10日間、実質数値を意識し始めたのは2月24日から。そのうち目標の1時間を切ったのは4日間。50%、うーん微妙。

やってみて感じたのは、意識しないと1時間は簡単に超えてしまう。ダラダラとYahooニュースを徘徊するということをやっていたんだな、ということを強く感じた。

一方で、意識さえすれば1時間を切るのは簡単だった。そして、そういう日は「時間を持て余す」感覚を持った。

時間ないないと思っていたけど、浪費していたのだなあということを実感した。

 

ただ、ここで浮いた時間の多くは通勤時間と思われ、取れる行動が限られてくる時間である。

簡単な意識づけで時間を作れることは分かったのだが、それをもとにどんな行動をとるべきかというのは、空いた時間に置かれているシチュエーションや自分の状態と抱き合わせで考えないと、ただ時間をつくって終わってしまうことになるなということも今回の発見だった。

また、これまで無意識ながらもインプットに当てていた時間なので、空いた時間もアウトプットに当てるのには相応のエネルギーが必要。ここの行動をどうするかというのは、今後考えていくことにする。

その時その時の目的次第だが、インプットならNewspicksをはじめとするより有意義なニュースの閲覧、アウトプットならメモ帳を活用した思考かなと思っている。行動が限られている中で、いかに時間の質を高めていくか。もう少し試行錯誤が必要かな。

読書をできればよいのだけれど、細切れの時間の読書はどうしても性に合わない。

 

行動②通勤/帰宅の時間中で、「6年間で何が成長したか?」を考える

「成長」というキーワードを、習得・変容・確立に分解して考えた。

 

<習得>

習得したものはスキルと経験が中心で、改めてGLOBISに通っていたからこそというものが多いことに気づいた(もっとも定着に当たっては実務での経験は不可欠だったが)。

個別のスキルは様々だが、この6年間で「思考力」と「企画力」はだいぶ身についたといえるだろう。自分でやりたいこと、必要なことを考えて、実行・実践していく力はだいぶついたと思う。

この先大事になっていくのは「巻き込み力」と「推進力」、それに「管理力」。人を動かし、事を進め、進捗を管理していく力。この1月の異動で、まだまだバックグラウンドが異なる人に対するアプローチする力は乏しいし、自分自身が心理的なハードルを感じていることに気が付いた。今期パワーと影響力から脱落してはしまったが、ちゃんと受けられるときに受けたほうが良いということで、今後はそこを磨いていこうと思う。

 

一方、棚卸してみて別の確度で強く感じた課題は、自分が絶対的に他者に自信を持って誇れるスキルというものが乏しいということ。幅広く色々なことは経験しているがまさしく「器用貧乏」状態。

自分の興味関心・専攻と掛け合わせながら、専門的に学びを深め、経験を積んでいく分野を決めないとな、と思う。Π型人材を目指さないと、今のままでは一型人材になってしまう。

今年、および向こう2~3年のスキル獲得戦略を立てる。これは、翌週にやることにしよう。

 

<変容>

変わったことがあれば、と考えたが、そこまで大きな変容はしていないと思う。これが良いのか悪いのかは分からないが、自分を偽って生きていないという意味ではいいのだと思っている。

あるとすれば価値観の部分で、「大企業への固執がなくなった」「創造的な場に一歩踏み出してみようと思えるようになった」というあたりか。特に前者は、変な呪縛が解けつつあると思う。

 

<確立>

就職活動の際に考えていた「世の人の生活に+αの幸せを届けるものづくりがしたい」という自分の軸は、巡り巡って間違っていなかったんだと改めて思う。

特に「生活に+αの幸せを」という点は自分の中では今後決してブレない軸だろう。表記を変えると、「日常におけるちょっと特別なワンシーンの提供」に携わりたいのだと思う。週に数度~少なくとも年に数度はある、それくらいの頻度の日常感。

これに加え、最近新しく確立したことと言えば、自分が共感できる価値づくりに携わりたいという想い。たとえ戦略上正しかったとしても、その先に生まれる価値を世間的に求めている人がいたとしても、その方向に自分が共感できなければ、自分がやりたいこととは違うのだと。

この価値観を軸に、今後の人生設計をしていこうと思う。

 

行動③思考した結果を、ブログに書く

これにて、行動完了。日はずれてしまったけど^^;

 

来週一週間の目標はまた夜に。

方向としては、先日も書いた「将来についての思考を深める」、そのために上述の「今年、および向こう2~3年のスキル獲得戦略を立てること」が具体的な目標になってくるかな。

3/1 覚書

酒と音楽の周りには、喜怒哀楽という感情が常にある。

人の感情を揺り動かす仕事がしたい。自分の感情が揺り動かされる仕事がしたい。そう思った。

2/26 最近作った料理の記録

たまには料理の記録を。

最近いくつかこれまで作ったことのないメニューにチャレンジしてみて、美味しかった半面改善の余地ありだったので、それも含めて覚書。

 

塩麹唐揚げ

基にしたレシピはこちら。

cookpad.com

衣を片栗粉のみから片栗粉:小麦粉=1:1にしたこと。まあこれはあんまり変わんない(多分片栗粉だけのほうがカリカリの竜田揚げぽくなる)

塩麹(鶏肉の重量の10%ほど使用)のおかげか確かに柔らかい。冷めても美味しかった。ちなみに塩麹に1日漬け込んだ。

改善点は、味がちょっとマイルドすぎたかな。塩麹を少々減らして醤油を増やしていつもの味わいに近づけるか、あるいは柚子胡椒を入れてもっとスパイシーにするか。

 

◆鳥ハム

基にしたレシピはこちら。

cookpad.com

安定のクックパッドから。

 

nlab.itmedia.co.jp

こういうレポートがあるとより雰囲気が伝わるのでありがたい。

 

鶏むね肉1枚300g×2で初チャレンジ。

1枚は白コショウ・乾燥バジル、1枚はブラックペッパー。その他、砂糖には三温糖を使用。塩と砂糖の分量は、鶏むね肉1枚につき大さじ1にして、冷蔵庫のチルド室で2日間置いておいた。

 

結果は、確かに鶏むね肉とは思えないほどのしっとり柔らかさ。これは、うまく作れば本当美味しいのだと思った。

改善点は、

・塩気が強かった。おそらく、塩抜き不足(流水45分だったけど勢いが弱かったか水温が低かったか)と、そもそも塩が多かった。塩・砂糖半量で良かったかもしれない。

・白コショウ・バジルは香りが弱く、三温糖のクセにやや負けていた。ブラックペッパー+ハーブ、もしくはもっと香りが強いハーブを使用したほうが良かったかも。ブラックペッパーの方だとちょうどよかったけど。

 

まだ余っているので、パスタやスープに漬かってみようと思う。

 

 

今はパンチェッタを仕込み中、おそらくこれも塩気が強いので、やや念入りに塩抜きをしようと思う。