ないものねだいありー

そろそろ若手ではなくなってきた、20代後半社会人の内なる思考をこぼしていきます。読書メモ多め。グロービスMBA修了。

12/4 競争戦略論を学び直す

最近意識的に早めに帰るようになり(今だけの可能性もあるけど)、娘も早く寝てくれるようになって、夜の時間がだいぶ作りやすくなってきた。
うまく行けば一日2時間、少なくとも1日1時間くらいは、時間をコンスタントに確保できるので、これをうまく使わない手はないと思い、主に本を読むようにしている。
もっとも、勉強のためと言ってビールを飲んでしまうことも多く、そうすると稼働率が50%くらいに落ちてしまうので、勉強する日と飲む日のメリハリを付けなきゃいけないというのが目下の課題だけれどw

 

このところの読書で意識的に選んでいるのが、競争戦略論の分野。
機会があって社内でポーターの勉強会を開いて以来、改めてちゃんと学びたいと思い、学び直している。恥ずかしながら、在学中ベースとなっている理論の学習、特に書籍の読み込みは不十分だったので。
その分分厚い本が多く時間はかかるけれど、いい鍛錬にはなっていると思う。一方で、読んだ分をアウトプットしないと、なかなか定着しないなとも思い、またこのブログに内容と得た学びを記録していこうかな、と思い、こうして記事を書いている。
(余談だが、このブログに徒然なるままにアウトプットするだけでは、星の数ほどあるブログと同じになってしまって面白くないので、どうせなら何かもっと趣向を凝らした形でアウトプットしたいなあ・・・と思っている。一度学んだことがある人が、復習するのに良い題材、という位置づけにしつつ、アウトプットのスタイルに何か工夫できないかなあ。社内の関心のある人向けに、勝手に発信するのも面白いかもなあ)

 

さて、そんな課題意識を持ちながら、最初に記録したいなと思うのが、三谷先生のこちらの本。

経営戦略全史 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

経営戦略全史 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

 

この本はまあ、経営戦略の理論の本ではないし平易に書かれている本だが、経営戦略の全体像をラフにつかむためにはとても良い本だった。
そもそも「経営戦略」というものの成り立ち、今我々が当然のように使っているポジショニングやケイパビリティを始めとした、経営戦略の分野の概念がどのようにして確立されてきたか。それらにはどのような違いがあるのかがわかりやすくまとめられている。
考えてみたらアタリマエのことだが、昔は「経営戦略」なんて概念すらなかったんですよね。

 

本書は大きく7章にまとめられている。
企業運営のセオリーが何もなかった20世紀初頭の時代(第一章)。そもそも企業活動とは何か、をフェイヨルが定義したことで、次の世代がそれをどう導くべきか、ということを考えられるようになった。ここでかの有名なドラッカーやアンゾフが、企業をどうマネジメントし、どう競争優位を確立していけばよいか、という考えの枠組みを構築した(第二章)。この競争優位の構築は、市場における位置取りによるものだと唱えたのが、これまた有名なポーターを始めとするポジショニング派の考え方(第三章)。それに対して、いやいや組織のケイパビリティこそ重要だろうと唱えたのが、バーニーに代表されるケイパビリティ派の提言(第四章)。ポジショニング派とケイパビリティ派、これにどう折り合いを付けるのか。場合によるのか、新しいことをやり続けるのか。そんな試行錯誤があった時代(第五章)。そうこうしているうちにネットやソーシャルテクノロジーの発展に、激変する環境の中でイノベーションが重視されるようになった21世紀初頭(第六章)。最後はやってみなけりゃわからない!と言わんばかりの、デザイン思考にリーンスタートアップという、試行から学ぶ理論が台頭している現代(第七章)。
一章一節それぞれの内容は簡約化されており薄めだが、時代背景とその変化による理論の興亡がうかがい知れて、とても興味深く読むことができる。

 

この本はいろいろなひとが読むことができるが、個人的には、それなりに学んだことがある人が、自分の知識の現在地を知って、そこからさらに学びを深めるきっかけとする一冊になっていると思う。
自分はこれを読んで、ポーター「競争の戦略」、ミンツバーグ「戦略サファリ」は少なくとも読破しようと思うことができた(+角度はずれるが楠木建「ストーリーとしての競争戦略」この3冊を来年の課題図書に加えようと思った)。

 

ああ、なんだか久しぶりに沢山文章をかいて、ちょっといい気持ち(結局ビール飲んだけどw)
これからまたどんどん書いていくようにしよう。

12/3 渋谷PARCO視察

11月にリニューアルオープンした渋谷PARCO

体験型の施設に生まれ変わっていると聞き、視察してみた。結論、たしかに楽しかったし面白かった。

 

・フロアがカテゴリではなく明確なコンセプトで区切られている。例えばB1Fレストラン街は"chaos kitchen"。テクノロジーを駆使した店からゲテモノ取扱店まで、文字通りカオスな店チョイス。楽しい。

・一番盛り上がってきたのは6F"cyber space SHIBUYA"。日本の誇るゲーム・マンガブランドが一箇所に集中。ポケモン任天堂のブランド力は別格だが、ジャンルを問わないごちゃついている空間がなんとも言えないワクワク感を醸し出している。これはブランドづくりの参考になりそう。

・ARが体験できるブースもあり、等身大以上の案内型タッチパネルもあり、あとTVでやっていた限りでは店頭在庫を持っていない店もあり、各ショップとも"魅せる"チャネルとしてフル活用していた。

・体験価値は凄かったが、一方で最初の盛り上がりが一段落したあとが本当の勝負だなと感じた。結局この店、あるいはPARCO全体で売上が上がらないといけないが、この旗艦店で向上した価値を果たして他のPARCOに波及することができるのか。現状のままだと難しいと思うので、これからPARCOというブランドがどう変わるかよく見ておきたいところ。体験は目的ではなくあくまで手段。

11/4 勉強するべきこと

最近生活リズムが整ってきて時間が作れるようになってきたことと、仕事に慣れて課題意識が芽生えてきたことで、勉強意欲がだいぶ復活してきていている。
作ろうと思えば、コンスタントに平日一日1時間程度は時間を作れそうな感じである。それでいて、睡眠は6時間確保できるというのだから、まあ家が職場に近いことは正義だ。

 

とはいえ潤沢と言えるほどではもちろんないので、計画立ててこの時間は使わないとあっという間になくなってしまう。
実際、最近は行き当たりばったりあれこれと勉強していて、蓄積ができていないような気がしているなあ。

 

勉強の計画を立てる上で、こういうことを日々勉強したほうがいいな、と目星をつけている分野はいくつかある。
基本的には、これまでの蓄積をベースにこの先武器になるよう磨いていく、というスタンスで、

マーケティング戦略論、ブランド戦略論(コトラー、アーカーとか。理論だけでなく、実務経験もつけていく必要がある、この先最も主になるであろう分野)

・競争戦略論(主にポーター。戦略とは何か?の定義から、KSFの考え方や戦略の建て方など、キレよく再現性高くできるようにしていきたい)

統計学、多変量解析(因子分析、コレスポンデンス分析など。数学的なロジックからきちんと理解して、武器として使いこなせるようになりたい)

といったところ。
決してお互いが遠くない分野なので、どれかを取ってどれかを捨てる・・・という選択がしづらいのが悩ましいところ。これ3つ伸ばせたら、多分かなりポテンシャルの高い人材になれる気がする。

 

難しいのは、上記3分野とも、前職で勉強だったり経験だったりしていた部分はあるものの、どれも当時の経験と現在求められているスキルが微妙にずれていること。
なので、即戦力・・・とまでなりきれていないのが、はっきり言ってもどかしい。なので、日々あちこち気持ちのままに手を出してしまい、結局何も学んでいないような日になってしまうことがままあるのだ。

 

多分この3つはどれも重要度が同じような感じなので、その時その時持っているタスクに合わせて、優先順位を決めていけばよいのだろう。
いずれにしても、ある程度の区間を区切って、その区間内で分野を集中して勉強することが大事なのだろう。

 

かなり眠くなってきてしまったので、このような学習計画を明日は立てるようにしよう。

10/18 大事なこと

「それ、ワクワクする?」


1人でも多くの人を、ワクワクさせたい、楽しませたい。自分が味わったような、ワクワクする思いを届けたい。

それが、今自分がここにいる意味。


初心であり、初志。忘れるべからず。だね。

10/13 ラグビーW杯

久しぶりの更新なんだけど、いやーーーいい試合だった。
後半しか見られてないんだけど、日本代表の執念を感じる試合だった。

で、試合後のインタビューで福岡選手が語っていた「すべての時間を犠牲にしてきた」という言葉。とてつもなく重い。グサリときた。
大一番を終えた後に、大観衆の前で胸を貼って、すべての時間を時間にしてきたなんて、言えるほどのことをこれまでやったことはない・・・ましてや4年間。途方もない苦労を想像させられる。

 

こういうのは、最初に○年、とかそういう長期を意識せず、目の前の一日一時間一秒に、全身全霊をかけて過ごしてきたからこそ言える言葉なんだろうと。
見習って、ある時振り返ったら自分もそういう言葉を言えることができるよう、目の前を一生懸命頑張って過ごそうと思わされた、そんな試合でした。

8/16 PSYCHO-PASSを観た

ずっとまえから気になっていた、PSYCHO-PASS
8月頭で仕事が落ち着いたこともあり、アニメの1期・2期、劇場版を今月一気観した。

psycho-pass.com

 

善と悪、勝者と敗者のような二項対立ではないテーマ。
強いて言えば、作品全体を通したイシューは「何を正義と信じるか?」だろうか。

 

法規の遵守と民主的プロセスを信条とする常守朱

システムによる効率性と公平性、そして最大多数の最大幸福の追究を是とするシビュラ。

ただただ己が持つ本能的感覚lに従い行動する狡噛慎也

 

三者とも正解ではなく、何を信じるかの違いということだが、この作品を通じて一番伝えたかったメッセージは「なんでもいいから自分の正義の拠り所となる信条を持て。それを考えることを諦めたり、他人任せにするんじゃない」ということなのだろうと解釈する。
だからこそ、霜月監視官はあれだけ視聴者に嫌われるような描かれ方をしているのだろう(実際声優にもそういった指示があったようだし)。この作品のメッセージに照らして、唯一「不正解」といえるのは、「思考停止」なんだろうと思う。

 

シビュラが常守に主張を取り込みつつ、最終的にはシビュラが描く姿に近づいていく無情さを感じたり、狡噛の不器用なまでの一貫した姿勢にある種の羨望を感じたりと、様々な思いを掻き立てられ、また考えさせられながら観続けることができる。
もちろん、ストーリーとしてもどれも面白かった。三期も近く放映されるようなので、ぜひ視聴したいと思う。

8/6 「万引き家族」を観た

諸々仕事が一段落して(これは後日振り返る)久しぶりに休日を堪能できたので、映画・アニメ・漫画などを欲望に赴くまま浸る二日間。

その中で、観てみた一つが「万引き家族」。カンヌで最高賞を受賞したとのことだったが、なんだろう。感想が難しい映画だった。

 

「家族を超えた絆を描く」「心の震えが押し寄せる衝撃の感動作」という謳い文句どおりの感想を持ったとは言い難い。傑作と絶賛する人の感想を観ても今ひとつ共感できない。

一方で、つまらなかったわけでもない。Amazonのレビューで酷評する人の気持もまた、分からない。

 

自分が観ていたのはただ、この歪な疑似家族が織りなす人間模様を観ているだけで面白かった。現実に存在したら決して近寄りたくない遵法精神が皆無な人たちが、別の側面では人情と純粋さを持ち合わせているあたりが。

また最後に「りん」が元の家族の下でまた虐待を受けている様子から、なんともいえない虚しさを感じてしまったりもした。


自分の中ではこれに評価をつけるほどまだ感想がまとまっていないな。

もうちょい、自分の中で寝かせてみることが必要な気がする。